全般

心理学者のつぶやき

単数用法のthey

英文校閲に出していた論文が戻ってきた。 A group to which the person believes that they belong(自分が所属していると思う集団) 主語(the person)は単数なのに,...
心理学者のつぶやき

みんなちがつて、みんないい

Gizmodoでこんな記事を読んだ。 アスペルガーの人を専門に雇うハイテク系スタートアップ アスペルガーや高機能自閉症の人は,集中力や細部の検出力が常人よりも優れている。だから,ソフトウェアをテストする仕事をやってもらおう...
心理学者のつぶやき

心理学と企業

昨日紹介した本には,興味深い統計が載っている(p. 39)。 菊地 俊郎 (2010). 院生・ポスドクのための研究人生サバイバルガイド 講談社ブルーバック 米国における企業等研究者の専門別構成比(2003年度)において,...
心理学者のつぶやき

大学院生に望むこと

昨日に引き続き,ポスドクに関する本を紹介する。 菊地 俊郎 (2010). 院生・ポスドクのための研究人生サバイバルガイド講談社ブルーバック この本は,ポスドク問題を社会としてどう解決するかではなく,個人の問題としてどう対...
心理学者のつぶやき

仕事としての研究

すっかり更新から遠ざかっていた。 大学院生を指導することも,進学希望者の相談にのることもあるので,大学院のあり方については常々考えている。 ポスドク問題といわれるが,博士号を取得しても常勤の職につける人は一握り,たとえ就職でき...
心理学者のつぶやき

プレゼンテーションとスライド

学会でも大学でも,プレゼンテーションのためのソフトウェア(パワーポイントやキーノート)を使った発表を聞くことが多い。 感動するくらいに美しく,そして楽しいプレゼンに出会うこともある。 2007年のHCI国際会議における金出武雄...
心理学者のつぶやき

博士号の意義

ギズモードで面白い記事を見つけた。 学位って? 博士号って何? 大学院に残って研究を続けたらどうなるのか? 博士になって何かいいことがあるのか? 昨今のポスドクの雇用状況を見るとどうしても悲観的になってしまうが,結局...
心理学者のつぶやき

英文読み上げソフト

国際学会の準備で発表原稿を作っている。 仕事柄,英語を読み書きすることは多いが,ほとんど目と手で処理しているので,発話の訓練ができていない。 日本語のクセで平板に読んだり,アクセントの位置を間違って覚えていたりする。 ...
心理学者のつぶやき

ラジオ体操

夏休みなので,子どもと一緒に毎日ラジオ体操に通っている。 子どものころは,カードに出席スタンプをもらうために行っていたようなものだが,大人になって自発的に参加してみると,よく考えられた体操だなと感心する。 ラジオ体操はいつどこ...
心理学者のつぶやき

はじまり

思い立って,大学のサーバーから独自ドメインにホームページを移動しました。 CognitivePsychophysiologyLaboratory (CPL) net です。 今後はこのURLで広報・宣伝活動を行っていきます。 ...
タイトルとURLをコピーしました