Cognitive Psychophysiology Laboratory, Osaka University, Japan --- Contribute to Society by Psychology

baby

赤ちゃんの顔写真提供のお願い

-かわいい赤ちゃん顔プロジェクト-

私たちの研究室では,「かわいい」という感情について研究しています。

「かわいい顔」のサンプルを多数収集し,かわいさの源泉を見つけるプロジェクトを始めました。

過去の写真でも,兄弟姉妹の写真でもOKです。

みなさんの赤ちゃんの写真をお送りください。

基準にあった写真をご提供いただくと,赤ちゃん1人につき,もれなくAmazonギフト券500円を差し上げます。(ギフト券は男女それぞれ先着50名様まで用意しています。それ以降の写真も大切に使わせていただきます!)

締切を9月24日(月)まで延長しました。どうぞよろしくお願いします。
※9月10日までの応募数:男の子35人,女の子30人

image.png

2018年8月

大阪大学大学院人間科学研究科・教授

入戸野 宏(にっとの ひろし)

※本研究は,科学研究費補助金「かわいいと感じることが心理生理状態と
社会的関係に与える効果」(平成28-30年度) によって実施するものです。

※研究についてのお問い合わせは,こちらからどうぞ。

お願いしたいこと

6ヶ月齢の男女の赤ちゃんの顔の高画質写真を募集します。

乳児(0歳児)の顔は,6ヶ月齢ごろがもっともかわいいと感じられるという研究報告があります。

以下の2点を書いて,添付ファイルで baby@cplnet.jp までお送りください。

1. 赤ちゃんの性別
2. 個人顔公開の可否
(可の場合のみ,個人顔が論文等に掲載される可能性があります)

メールの件名(Subject)「男 可」「女 不可」のようにお書きください。

メールの本文は,空欄にしてください。お名前やご住所はお書きにならないでください。

ギフト券は baby@cplnet.jp からご提供者のメールアドレスに送ります(2018年10月予定)。

  • 個人情報保護の方針について
      • ご提供いただいた写真は,研究以外の目的には使用しません。
      • 写真をお送りいただいた時点で,以下の研究内容に同意し,保護者の承認があったとみなします。
      • 氏名や住所等,個人を特定できる情報は収集しません。
      • お送りいただいたメールアドレスは,研究が終了した時点で,確実に消去します(2019年3月末予定)。
      • 公開許可が得られた個人顔のみ,再利用・再配布禁止の条件で国内外の研究者と共有することがあります。
      • 本研究は,大阪大学大学院人間科学研究科研究倫理委員会の承認を得て行っています(人行30-033)。
  • 具体的な研究内容について
      1. 集まった顔について「見た目のかわいさ」のアンケート調査を行います(写真の一般公開はしません)。
      2. 顔の形状をコンピュータで扱えるように,標識点をつけます。
      3. 集まったかわいさ得点と顔の形状との関係を統計的に分析し,かわいさの程度が異なる顔を合成します。
      4. かわいさの程度が異なる顔に対する行動や脳反応の違いを調べます。
      5. 社会貢献(研究成果の広報)の一環として,かわいさの程度が異なる平均顔を公開します(提供者のみなさんにもメールでお知らせします)。

       ※匿名データとして扱うため,特定の個人顔に関する結果については一切お答えできません。


写真の基準

※すでにお持ちの昔の写真でもけっこうです。スマホもOK!

  • 生まれた日から5ヶ月以降7ヶ月以前に撮影したものであること
  • 高画質でピントが合っていること(顔の縦横それぞれ約1,000ピクセル以上)

    ピクセル数は正確でなくてもかまいません。iPhoneなら,5でも,3264 x 2448なので,ピントが合っていれば画面のおよそ15~20%以上が顔であればOKです。トリミングはこちらで行います。

  • 顔の正面から輪郭全体が写っていること
  • 真顔(無表情)であること
  • おでこが出ていて,眉の輪郭が見えること
  • サングラスやリボンなどのアクセサリをつけていないこと(New!)
  • 口を開けていないこと(New!)

顔は大切な個人情報です。ご自分のお子さんでない写真は絶対に送らないでください!

※背景は問いません。こちらで編集して,赤ちゃんの顔以外は消します。
※分かりにくければ,何枚かお送りください。こちらで選ばせていただきます。
※写真は縮小せずに,赤ちゃん1人につき1メールでお送りください。
※十分な解像度の写真であれば,トリミングは不要です。
※画質が不十分なときは,再提出をお願いすることがあります。

figure1.jpg
このように顔の輪郭とパーツの位置に標識点を入れて,コンピュータで処理します。

お送りいただきたい写真の例

swfu/d/baby1.jpg
サンプル1(クリックすると元のサイズで表示します)

swfu/d/baby2.jpg
サンプル2(クリックすると元のサイズで表示します)

NG写真の例

NG1.jpg
NG2.jpg
NG3.jpg
NG4.jpg
NG5.jpg

×顔全体が写っていない ×表情がある ×カメラを見ていない ×アクセサリをつけている ×ピントが合っていない

1000582.jpg

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional