Cognitive Psychophysiology Laboratory, Osaka University, Japan --- Contribute to Society by Psychology

古いものを捨てなければ 新しいものは入らない

古いものを捨てなければ 新しいものは入らない

今日で広島大学を卒業する。18年間,本当にいろいろなことがあった。

研究室の片づけで,たくさんのものを捨てた。

自分が大学生のときに作った読書ノートが何冊も出てきた。今よりもずっときれいな字で,いろいろな分野の本の内容を几帳面にまとめている。

書いてある内容は,今ではきれいさっぱり忘れてしまった。だが,この勉強が今に生きている,正確にはこの勉強の余力で今を生きているような気がする。

「古いものを捨てなければ 新しいものは入らない」というが,古いものは捨ててもなくならない。

これまでに口にした食事そのものは,消化され排泄されて,体内に残っていない。しかし,食事のおかげで今の身体がある。

それと同じく,その時々で真剣に取り組んで消化したものは,目に見えない形で存続している。

本当に必要なものはそんなに多くない。

あれもこれも必要だと思うのは,消化しきれていないということだ。

そんなことを考えてみた。

長い間ありがとうございました。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional