Cognitive Psychophysiology Laboratory, Osaka University, Japan --- Contribute to Society by Psychology

Links

リンク集

学会

  • 国際心理生理学機構 International Organization of Psychophysiology (IOP) 

    ※「機構」は学術用語,「機関」は法令用語のようです。

    IOPは,1982年に設立された心理生理学者の専門家からなる国際組織-非政府機関(non-governmental organization: NGO)-です。

    隔年で学術大会を開催するとともに,学会誌 International Journal of Psychophysiology を発行しています。

    2011年2月に公式ホームページを更新しました。現在,会員(Member / Associate Member)を募集中です [申込フォーム]。2年間(2013-2014)の会費は20ユーロ,入会金(正会員のみ)は10ユーロです。

    IOP2004(第12回)は,ギリシャのテサロニケ近郊で開催されました(2004年9月18-23日)。
    IOP2006(第13回)は,トルコのイスタンブールで開催されました(2006年8月28日-9月2日)。
    IOP2008(第14回)は,ロシアのサンクトペテルブルグで開催されました(2008年9月8-13日)。
    IOP2010(第15回)は,ハンガリーのブダペストで開催されました(2010年9月1-4日)。
    IOP2012(第16回)はイタリアのピサ大学で行われました(2012年9月13-17日)。

    IOP2014(第17回)は広島の国際会議場で行われました(2014年9月23-27日)。

    IOP2016(第18回)はキューバ・ハバナで行われます(2016年8月31日-9月4日予定)。

    学会誌 International Journal of Psychophysiology は,インパクトファクタ が3.0 くらいの中堅雑誌です(2010年版)。毎月刊行される(年12号)ので,Psychophysiology(年6号 [2011年から年12号に増刊])やBiological Psychology(年9号)に比べて in press の期間が短いのが利点です。”International”な雑誌を目指しているので,欧米以外の地域からの投稿に対して暖かい目でみてくれることが多いです。ぜひ投稿してください。

    1983年に国連の経済社会理事会との協議資格(ロスター)を取得しており,心理生理学の分野における「国連に承認された唯一の国際組織」という位置づけでした(国連とNGOとの関係は,国際連合広報センター東京による説明を参照してください。NGOリスト[英語版]で,IOPは Roster A1のNo. 219にあります)。しかし,2009年,創立者・初代会長(Constantine A. Mangina) の死去に伴い,執行部が刷新され,規約が改正され,国連との関係はなくなりました。

    なお,2011年2月から,学会名の省略形(IOP)からピリオドが正式に外れ,ロゴも変わりました。

  • 心理生理学会 Society for Psychophysiological Research (SPR)

    年会費は,正会員が75 US$ ,学生会員が25 US$です。学会誌 Psychophysiologyが配布されま
    す。(現在は,資源節約の観点から電子版の購読が推奨されています)。

雑誌(出版社)

便利なコンピュータソフト

  • グラフ作成ソフト(KyPlot) 詳細な描画設定ができる優れものです。ERP波形の印刷に最適。2011年12月末日に販売終了。
  • 画像ビューアー(IrfanView32) 簡単な画像加工(切り抜きや形式変換など)ができるフリーウェア。
  • スパムメール選別ソフト(POPFile) スパムメールを自動的に振り分け,隔離してくれるフリーウェア。どのメールソフトでも使える。
  • Internet Explorer(IE)用マウスジェスチャープラグイン(HandyGestures) マウスジェスチャーによるIEのナビゲーションを常駐不要で実現できる。
  • マンガ作成ソフト (コミPo! (コミポ)) 3Dキャラで組み立てるマンガ作成ツール
  • マウス位置の記録(カーソル位置記録ソフト) マウス位置を時系列的に記録してくれる。生理研が作成。

ERP研究で使えるコンピュータソフト

  • LORETA (Low-Resolution Brain Electromagnetic Tomography): 3次元電流密度解析ソフト (無償,単体で走る)。新バージョンsLORETAもダウンロードできる。
  • BESA (Brain Electromagnetic Source Analysis): 時空間ダイポール解析ソフト(日本光電が販売)。
  • SPM (Statistical Parametric Mapping):脳イメージングデータの統計解析ソフト (無償,要 MATLAB)。
  • LOR2SPM:LORETAファイルをSPMに変換するソフト(無償,要 MATLAB)。
  • EEGLAB:ERP分析ソフト (無償,要 MATLAB)。独立成分分析 (independent component analysis: ICA) もできる。
  • EDFbrowser:オープンソースの波形表示ソフト(無償)。European Data Format (EDF)用だが,日本光電のファイルも読める。
  • Inquisit: 刺激提示ソフトウェア。柔軟性が高い。
  • Psychophysics Toolbox:実験制御・刺激提示用ソフトウェア (無償,要 MATLAB)。
  • MATLAB:科学・工学分野でのプログラム言語。
  • G*Power:パワー分析用の統計ソフトウェア(無償,Mac用もある)。
  • EEGLAB plugins ライプチヒ大学 Andreas Widmann氏が作成したプラグイン。FIRフィルタや complex demodulation など。

研究用脳波計のメーカー

視線解析関係

プログラミングの勉強

英文校閲

便利なサイト

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional