Cognitive Psychophysiology Laboratory, Osaka University, Japan --- Contribute to Society by Psychology

FrontPage

Frame

ようこそ

当研究室は,2005年4月に広島大学に設立され,2016年4月に大阪大学に移転しました。

脳波と事象関連電位(event-related potential: ERP)を中心に,自律神経系指標や行動指標も利用して,日常生活における人間の心理活動の仕組みを明らかにしようとしています。

このページでは,脳波と事象関連電位に関する知識を提供するとともに,新しい研究成果についても紹介します。

現在は,「かわいい」の心理学・行動科学について紹介しています。

研究室の紹介は,こちらをご覧ください。

研究相談,共同・受託研究,セミナー,講演の依頼は,こちらをご覧ください。

※「認知心理生理学研究室」は通称です。公式には「人間行動学講座 基礎心理学研究分野」に所属しています。

大阪大学大学院人間科学研究科

入戸野 宏(にっとの ひろし)

  1. 作者の略歴と研究テーマ
  2. 研究業績
  3. 研究室の紹介
  4. 心理生理学の情報
  5. 「かわいい」の心理学
  6. リンク集
  7. 個人的な興味のリンク集
  8. ブログ
  9. サイト内検索

☆ このページについてのご意見・ご感想は問い合わせフォームからどうぞ。

最終更新日 2016-08-23 (火) 16:00:25

研究室ニュース&更新履歴

2016年9月9日 情報機構セミナーで「『かわいい』のメカニズムと商品・サービス開発への応用」について話します(東京)。

2016年9月8日 東広島商工会議所で「モノづくりに活かせる“かわいい”研究最前線」という講演をします。

2016年8月17日 読売新聞夕刊の「猫のかわいさ」に関する記事にコメントが引用されました。

2016年8月4日 大阪大学人間科学部オープンキャンパスで模擬授業「『かわいい』の実験心理学」を行いました。2回とも140名を超える参加がありました。

2016年7月27日 第31回国際心理学会(ICP2016)で Invited address "Kawaii as an emotion: Understanding the effects of cuteness on human cognition and behavior"を行いました。立ち見が出るほどの盛況でした。

2016年7月21日 夢ナビライブ2016名古屋で,「欠けた月を丸く見る-心理生理学の発想-」(3分TALK) と「『かわいい』の感情を科学する」(30分講義) を行いました。

2016年7月19日 アメリカの新聞 The Guardian の記事 The New Science of Cute にインタビューが掲載されました。

2016年6月24日 関西学院大学応用心理科学研究センターのCAPS講演会で「『かわいい』の心理科学-最近のトレンドと今後の展望-」という話をしました。

2016年6月19日 第14回日本認知心理学会で,個人的な愛着のあるモノに対する事象関連電位について口頭発表をしました。

2016年6月1日 東北福祉大学で「『かわいい』の実験心理学」というセミナーをしました。

2016年5月26日 第1回人間科学セミナーで「『かわいい』の実験心理学ー素朴な興味を研究に,そして社会へー」という講演をしました。

2016年5月14日 第34回日本生理心理学会でポスター発表しました(5演題)。卒業生2人がライジングスター・セッションで発表しました。

2016年4月28日 「かわいい」に関する総説(英語)がオープンアクセス論文として公開されました。

2016年4月1日 大阪大学大学院人間科学研究科に移転しました。これからもよろしくお願いします。

  • 2014年はこちら
    • 2014年12月18日 大学院生が広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップの受賞者に選ばれました。当研究室からは6人目です。

      2014年12月10日 応用脳科学アカデミーで『「かわいい」の科学4』という講演をしました(東京)。

      2014年11月29日 広島大学同窓会関東支部総会で「“かわいい”の科学-新たな可能性を日本から発信する」という講演をしました(品川)。

      2014年11月21日 広島市の安田女子高等学校で「心理学で社会に貢献する:未来を生きる人へ」という出張講義をしました。

      2014年11月19日 第44回日本臨床神経生理学会大会で「心理生理学による人間の探究」というシンポジウムを行い,「事象関連電位によるニューロマーケティングの現状と問題点」という発表をしました(福岡)。

      2014年11月18日 "カワいいもの"についてのインタビューがNHK広島の「お好みワイドひろしま」で放映されました。

      2014年10月11日 日本認知心理学会安全心理学部会の第35回研究会で「安全・安心に向けて心理学ができること-心理生理学的アプローチ-」という講演をしました(大阪大学人間科学部)。

      2014年9月27日 第17回国際心理生理学会議(IOP2014)が大盛況のうちに閉幕しました (2014年9月23-27日開催)。参加者のみなさん,スタッフのみなさん,ありがとうございました。

      2014年9月26日 フィンランドの新聞に「毛のある動物はなぜかわいいか」というインタビューが掲載されました。

      2014年9月3日 産経新聞の記事「動物テーマ 写真集人気」にコメントが掲載されました。

      2014年9月1日 私が監訳した「メディア心理生理学」(ポター & ボウルズ, 原著2012年刊) が北大路書房から刊行されます。面白い本ですが,ちょっとクセがあります。巻末の監訳者解説から読んでみてください。

      2014年6月30日 「"カワいいモノ"ブランドデザイン戦略事業」(中国経済産業局)の一環として,中国地方4県で講演をしました(島根7月8日,岡山7月15日,広島7月23日,鳥取7月29日)。詳しくはこちら。200名超の方々にご参加いただきました。ありがとうございます。

      2014年6月28日 平成25年度修了の院生が奨学金返還免除(日本学生支援機構の「特に優れた業績による返還免除」)に認定されました。

      2014年6月23日 日経MJ (流通新聞) の記事「尻尾巻くかわいさ:無防備な動物のおしり」にコメントが掲載されました。

      2014年6月5日 音楽のテンポがパフォーマンスに及ぼす効果についての院生の論文Psychology of Musicにアクセプトされました。

      2014年5月27日 PLoS ONE論文の裏話がオンラインジャーナル誌(The Winnower)に掲載されました。

      2014年5月19日 後期陽性電位(事象関連電位の一種)に少なくとも2つの下位成分があることを示した論文Clinical Neurophysiologyにアクセプトされました。

      2014年5月18日 第32回日本生理心理学会大会で「"かわいい"の心理生理学」という小講演をしました。

      2014年2月23日 ハイレゾ音楽が脳波に及ぼす効果についての論文NeuroReportにアクセプトされました。

      2014年2月5日 応用脳科学アカデミーで『「かわいい」の科学3』という講演をしました(東京)。

      2014年1月31日 第31回コロイド・界面技術シンポジウムで『「かわいい」-人をつなげるポジティブ感情-』という講演をしました(東京)。

  • 2012年はこちら
    • 2012年12月28日 広島大学ホームページ『研究NOW』で紹介されました。

      2012年12月12日 院生がHCG2012で学生インタラクティブ発表奨励賞を授賞しました。

      2012年12月3日 雑誌『生理心理学と精神生理学』の全巻がJ-STAGEで公開されたため,業績リストのリンクを更新しました。

      2012年10月16日 PLoS ONE論文は70以上の海外メディアに紹介されました。過去1ヶ月で最も閲覧されたPLoS ONE論文の第2位にランクインしました。

      2012年9月27日 「かわいいものを見ると注意の範囲が狭くなる」という論文がPLoS ONEで公開されました。

      2012年9月12日 第17回国際心理生理学会議(IOP2014)は広島国際会議場で行われることが決定しました(2014年9月23-27日)。実行委員長を務めます。

      2012年1月23日 臨床心理系とメディア系のERP論文がBiological PsychologyNeuroReportにアクセプトされました。

  • 2010年はこちら
    • 2010年8月18日 独自ドメイン(cplnet.jp)に移動しました。もっと自由に情報を発信していきます。

      2010年7月20日 リンク切れをいくつか修正しました。

      2010年7月1日 昨年度まで実施していた科学研究費と民間研究助成の報告書を公開しました。

      2010年6月30日 院生が広島大学エクセレント・スチューデント・スカラシップの受賞者に選ばれました。

      2010年6月23日 平成21年度修了の院生が奨学金返還免除(日本学生支援機構の「特に優れた業績による返還免除」)に認定されました。

      2010年5月16日 日本生理心理学会から2009年度優秀論文賞をいただきました。ありがとうございます。

      2010年4月6日 サイトをリニューアル・拡張しました。

      2010年3月23日 博士1名,修士1名,4年生2名が卒業・修了しました。

      2010年1月20日 PubMedにおける論文リストを公開しました。

  • 2009年はこちら
    • 2009年10月13日 新しい論文が受理されました。

      2009年9月8日 ResearcherID (トムソン・ロイター)による論文リストを公開しました。

      2009年8月31日 日本心理学会の事象関連電位ワークショップの議事録を載せました。

      2009年8月24日 本の誤植を訂正しました。

      2009年7月3日 広島大学広報誌『広大人(ひと)通信』で紹介されました。総合科学部学部報『飛翔』でも紹介されました (PDF 741 KB)。

      2009年6月8日 新しい論文が受理されました。

      2009年5月7日 院生2名の論文が受理されました。

      2009年4月20日 おかげさまで 「心理学のための事象関連電位ガイドブック」(2005年,北大路書房)の第3刷ができました。

  • 2006年はこちら
    • 2006年8月11日 「Q & A」の測定編で,3社の電極帽の比較を示しました。

      2006年7月28日 実験室の写真を公開しました。

      2006年6月23日 「Q & A」の統計分析編でMANOVAで得られる近似F値と自由度について訂正しました。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional